ライフスタイル

朝のウォーキングで幸せホルモン増加中

こんばんは。
かわいめぐみです。
朝のウォーキングを再開して2ヶ月。

 

3日坊主になるかと思いきや、最近ではコレがないと1日が引き締まらず、寝起きが悪い私でもなんだかんだと起きることができています。

 

朝が苦手な私が、毎朝続けられる理由は、大きく3つ。

 

ひとつめは、肩こりと背中のハリの改善。

 

2か月前は呼吸が苦しいほど、背中があんなに痛かったのに、今ではそんな痛みもどこへやら。

 

たまにウォーキングをサボると、即座に身体がガチガチになろうとするので、サボった日はとてつもなく後悔をするほどです。

 

そしてふたつめは、ものすごくハッピーな気分に包まれること。

 

この感覚、気持ち良すぎて病みつきになります。

 

ウォーキングでセロトニンが増えるって聞いたことがありますが、本当にそうだと思います。

 

さらには冷え症の私としては、身体が温ってる!という感覚のポイント。
コレがものすごく嬉しくて、体温上昇とセロトニンアップのダブルでしあわせ気分です。

 

そして3つめの理由は、ウォーキング瞑想がとっても気持ちいいこと!

 

ほぼ毎朝30分ほど歩いているのですが、その時間を使って瞑想しています。

 

瞑想なんて言うと、
  • 小難しそうに聞こえたり、
  • 静かな所じゃないとできないんじゃないの?
そんな風に思われるかもしれませんが、歩くことに集中すると自然と瞑想状態に入ります。

 

これがまあ気持ちいのなんのって。

 

毎日変わる道端の自然を見ながら、ほぼ毎朝、心を緩め、そして少しでも自然に還る時間を作ってます。

 

ウォーキングするとさすがに朝に瞑想する時間がないので、苦肉の策で始めたウォーキング瞑想。

なかなかこれが、私には合っているようです。

Much ALOHA, Megumi