スピリチュアル,  気づきや学び

Life is hard, but…

こんばんは、めぐみです。

 

親友が急逝し「3日間だけ好きなだけ泣く」と決めたら、あれだけ泣いたのがウソのように、ものの見事に4日目の昨日は涙が止まりました。

潜在意識、すごいや!

 

<関連記事>

「Mahalo nui loa」

「A message from ALOHA」

 

 

時差もあるのに海外の友人が電話をくれたり、近くの友人もオフィスに顔を出しに来てくれたりと、周囲の優しさと愛のおかげで、思ったより悲しみは癒されてきています。

本当にありがたいことです。

 

「それだけ嬉しい楽しいがあってハッピーだからこそ、これだけ悲しいんだ」と気持ちを切り替え、思う存分泣いたことも、功を奏したのかな。

 

 

 

もう人目も憚らず泣くことはなくなったし、面白い話を聞けば笑えるようにもなった。

だけどもちろんまだ悲しいし、ずっとその親友のことが頭をぐるぐるしてるし。

 

「ほんっと生きるってキツイわー」

 

なんてことはこの数日間、幾度となく頭を過りました。

だけど周囲の愛や優しさに触れ、またこのことでご無沙汰の方にも連絡・また会う約束するなど楽しみも出てきたりと、悲しみや苦しみの中の希望や喜びもあったので、人生捨てたもんじゃないな、と。

 

 

 

昔のままの私だったら。

あまりの辛さに「誰も私の気持ちなんてわかるわけがない!」と独りよがりに心を塞ぎ、優しさや思いやりの受け取りを拒否していたかもしれません。

 

たしかに、さすがに食欲も落ちたし、睡眠もあまり取れていません。

だけど少しだろうと食べられているし、短かろうと浅かろうと、眠ってもいる。

 

前の私だったら、「全然食べてないし、寝てもいない」なんてマイナスなことを言っていたかもなー。

楽しい楽しい「悲劇のヒロインごっこ」をしていたでしょうね。

 

 

 

この先、そう多くはないとはいえ、これより大きな悲しみや辛さもきっと訪れるだろうけど、昔みたいにそれを恐れて人と深く関わるのをやめるなんて気はサラサラないです。

むしろそれがやって来ようとも、その分大きな愛や喜び、幸せが得られるなら、どんと来い!という感じで。

 

決してこれは起きてほしい出来事ではなかったにしろ、こうして自分の成長を知ることができたので、この辛い出来事も天から、そして親友からのギフトなんだろな、という感じで少しずつ心の整理がついてきています。

 

 

 

人生って辛いこともいっぱいある。だけどその分、それ以上の愛や幸せに満ち溢れているんだな。

なんてことをしみじみ感じた、悲しみのどん底から抜け出し始めた1日でした。

 

 

 

この記事は昨夜投稿する予定でしたが、自分で思ってた以上に気力も体力も落ちていたようで…途中でダウン。

というわけで加筆修正し、本日アップということに至りました。

 

精神的につらいときって、そこから目を背けたくなって、つい身体を酷使して紛らわそうとしちゃうけど、明日はオフ♡

ゆっくり休んで英気を養い、V字回復よ!

 

 

 

Much ALOHA,

Megumi

 

1件のコメント